千葉第一法律事務所
事務所紹介
法律相談のご案内
取り扱い分野
費用について
所属弁護士の紹介
よくある質問
法律ミニ知識
コラム
リンク
千葉第一法律事務所
地図はこちら
セミナー・事務所ニュース
INDEX HOME
コラム

毎年恒例のリレーマラソン

画像
「スポーツは平和とともに」「いつでも、どこでも、だれでもスポーツを」というひとりひとりが主人公としての草の根スポーツ要求を実現している新日本スポーツ連盟主催の「千葉・青葉の森リレーマラソン」
(1周2キロのコースを最大10人までチームでタスキを21周つなぎ、42.195キロを走る市民マラソン大会。 毎年5月に開催され、2017年で15回目)に、職場チームとして家族や知人をも巻き込んで毎年の参加を続けています。
 

チーム名は
「ランランラン」
 

その名の通り、あちらこちらの大会にエントリーしながら長年走り続けているベテランから、それに触発されてたまに走る程度の人まで、みんなで楽しく走ろうということで事務所の恒例行事にもなっています。
マラソン人口の増加もあり、大会運営上の制限としている240チームをかなり上回る応募が毎年あるようで、実際、大会当日は日頃より走り込んでいるランニングチームから、家族や地域そして私たちのように職場のチームまで、新緑が気持ちよい青葉の森公園をそれぞれのペースでタスキをつなぎながらゴールを目指します。
 
もちろん公園を散歩したり、広場で遊ぶ親子連れもあるなか、個々の日頃の練習の成果を発揮するランナーへの声援を送りながら、それぞれの成績がチームの成績に反映されるというおもしろさや緊張感もあり、チームで楽しむ市民マラソンとして親しまれています。
 
様々な事情により気軽にスポーツに親しむ環境が奪われている今日、こうした大会への参加を通じて、大会主催者の理念ともなっている平和でこそスポーツができる、そして、スポーツを個々の自己実現の手段として享受していく取り組みがもっとひろがっていくことを願わざるを得ません。

ちなみに私たちのチーム「ランランラン」は制限時間4時間のなか、大体3時間半位のタイムで、順位としてはかなり後ろなのですが、職場チームとして走り続けることで普段とは違った同僚の側面を発見することも。そして、それぞれの1周2キロのタイムを比較もしながら、来年に向け、健康維持と体力の増進を目指していこうというお互いのモチベーションにもなっています。

copyrights