千葉第一法律事務所
事務所紹介
法律相談のご案内
取り扱い分野
費用について
所属弁護士の紹介
よくある質問
法律ミニ知識
コラム
リンク
千葉第一法律事務所
地図はこちら
セミナー・事務所ニュース
INDEX HOME
法律ミニ知識

配偶者居住権が新設されました

配偶者居住権

配偶者居住権とは、配偶者が相続開始時に居住していた被相続人所有の建物を対象として、終身又は一定期間、配偶者に建物の使用を認めることを内容とする法定の権利をいいます。

配偶者居住権により、例えば、残された妻が、亡くなった夫所有の建物に居住していた場合で、一定の要件を充たすとき、夫が亡くなった後も、賃料の負担なくその建物に住み続けることができることになります。

この制度には、配偶者が自宅での居住を継続しながらその他の財産も取得できるようになるというメリットがあります。

 例 遺産が自宅2000万円、預貯金3000万円
   相続分  妻1:子1  (2500万円ずつ)
現行制度:妻:自宅の所有権+預貯金500万円
     子:預貯金2500万円
      ※ 妻は、住む場所があっても、生活の不安が残る。
            ↓
   新制度:妻:配偶者居住権+預貯金1500万円
       子:負担付きの自宅の所有権+預貯金1500万円
        ※ 妻は、住む場所を確保しつつ、生活の安定も確保できる。


copyrights