千葉第一法律事務所
事務所紹介
法律相談のご案内
取り扱い分野
費用について
所属弁護士の紹介
よくある質問
法律ミニ知識
コラム
リンク
千葉第一法律事務所
地図はこちら
セミナー・事務所ニュース
INDEX HOME
法律ミニ知識

消滅時効の期間が変わりました

【債権の消滅時効の時効期間】
 主な改正点は以下のとおりです。

1 時効期間と起算点

これまでは,原則として,起算点は「権利を行使することができる時」,時効期間は,民事債権は「10年」,商事債権は「5年」とされていました。
また,これとは別に,職業別の短期消滅時効が定められており,例えば,弁護士の報酬請求権は「事件が終了したときから2年」,飲食店の代金(いわゆる「つけ」)は「1年」などとされていました。

これが,今回の改正より,「債権者が権利を行使することをできることを知った時から5年,権利を行使することができる時から10年」に統一されることになりました。

したがって,商事債権の短期消滅時効や職業別の短期消滅時効はなくなりシンプルになりました。
但し,個別に短期の消滅時効期間が定められているものもあり(例えば労働債権や自賠責の被害者請求権等)注意が必要です。

なお,人の生命又は身体の侵害による損害賠償請求権については,前記10年を「20年」とするとの特則が設けられました。

2 不法行為による損害賠償請求権

これまでは,起算点は「被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時」,時効期間は「3年」とされ,これとは別に起算点を「不法行為の時」,期間を「20年」とする除斥期間の制度が設けられていました。

今回の改正により,上記起算点および期間に変更はありませんが,除斥期間については時効期間に統一されました。また「人の生命又は身体を害する不法行為による損害賠償請求権」については,前記3年を「5年」とするとの特則が設けられました。

なお、この改正法がいつから適用されるのかについては、「施行日(2020年4月1日)前に債権が生じた場合(施行日以後に債権が生じた場合であって、その原因である法律行為が施行日前にされたときを含む。以下同じ。)におけるその債権の消滅時効の援用については、新法第百四十五条の規定にかかわらず、なお従前の例による」とされています。


copyrights