千葉第一法律事務所
事務所紹介
法律相談のご案内
取り扱い分野
費用について
所属弁護士の紹介
よくある質問
法律ミニ知識
コラム
リンク
千葉第一法律事務所
地図はこちら
セミナー・事務所ニュース
INDEX HOME
法律ミニ知識

相続をめぐる法律、大改正!!
何が変わったのか、のぞいてみましょう!

令和2年4月1日、相続における配偶者居住権が施行となります。
これは平成30年7月、約40年ぶりとなる相続法改正に伴うものです。
配偶者の居住権の創設のほか、相続人以外の者の貢献を考慮するための方策など、相続にあたって一定の利害関係がある人の公平を考えたものとなっています。
改正の内容は以下のとおりです。各制度についても、ご覧下さい。

配偶者短期居住権が作られました。

配偶者居住権が作られました。

配偶者への居住用不動産遺贈を特別受益から除外しました。

特別寄与料の支払い請求権の制度が作られました。

遺産分割前の預貯金の払戻仮処分の要件が緩和され、裁判外での預貯金の払戻を認める制度が作られました。

自筆証書遺言の方式が緩和されました。

自筆証書遺言の保管制度が作れました。
copyrights