千葉第一法律事務所
事務所紹介
法律相談のご案内
取り扱い分野
費用について
所属弁護士の紹介
よくある質問
法律ミニ知識
コラム
リンク
千葉第一法律事務所
地図はこちら
セミナー・事務所ニュース
INDEX HOME
法律ミニ知識

証拠は誰のもの?

裁判では、原告も被告も、自分に有利になるように、いろいろな証拠を提出します。ところが、予期に反して、自分が提出した証拠で、不利になることがあります。有利になる証拠として提出したのに、自分で自分の首を絞めてしまう結果になることがあるのです。

なぜこういうことが起きるかというと、それは、証拠がどのような意味を持つのかという評価は、裁判所が自由に心証を形成することになっているからです。
そのため、証拠評価の結果、証拠提出者に不利になるような心証を抱くこともあり得ます。どちらに有利に評価すべきかは、予め決まっていないからです。これを証拠共通の原則といいます。
昔、古い弁護士さんの中には、法廷で、「有利に援用します」などという方がいましたが、有利になるか不利になるかは、予め決められません。
証拠を出す場合には、自分の主張との関係で、どのような評価を受けるか、その結果自分の主張に反することにならないか、しっかりと事前にチェックすることが重要です。
copyrights